スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

シティ、ビジャレアルに快勝

2日に行われたチャンピオンズリーグ・グループA

第4節、ビジャレアル対マンチェスター・シティの一戦は、

3-0でアウェーのシティが勝利を収めている。


G・ロッシやニウマールなど主力の大半が負傷離脱

している苦しいチーム状況のビジャレアル相手に、

シティは序盤から主導権を握った。

積極的に攻めるシティが先制したのは、30分だった。

左サイドでボールを持ったダビド・シルバが、ビジャレアル

守備陣の注意を引き付けて中央のヤヤ・トゥーレにパス

を送る。

このパスでペナルティーエリアに侵入することに成功した

ヤヤ・トゥーレが右隅に流し込んでゴールを奪った。

先制後、落ち着いて試合を進めるシティは、前半のうちに

加点する。

前半終了間際、エリア内でドリブルを仕掛けたバロテッリが、

ムサッキオに後ろから倒されてPKを獲得する。

このPKをバロテッリ自身が冷静に沈め、2-0と

して後半へ向かう。


後半に入ると、シティは無用意に攻め入らず、試合を支配

して2点のリードを守ることを優先した。

そして追いすがるビジャレアルが攻めに出たところを

仕留める意向でプレーする。

すると71分、思惑通りの得点が生まれた。

ナスリのスルーパスに左サイドを抜け出したバロテッリが、

1タッチで中央に送る。

これを走り込んだヤヤ・トゥーレが1人かわし、

GKディエゴ・ロペスの逆を突いてネットを揺らした。


シティはこのまま試合終了の笛を聞き、戦力不足の感が

否めないビジャレアルに3点差をつけて快勝した。

この勝利で勝ち点を7に伸ばしたシティは、

グループ2位に浮上している。

( Goal.com )

テーマ : UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル : スポーツ

2011-11-03 : UEFA チャンピオンズリーグ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ルーニーを中盤起用のマン・U、首位浮上

2日に行われたチャンピオンズリーグ・グループリーグ

第4節、グループCのマンチェスター・ユナイテッドは、

ホームでオツェルル・ガラツィに2-0と勝利を収めた。


ユナイテッドはリーグ前節のエヴァートン戦から大幅に

メンバーを変更。ベルバトフとオーウェンを2トップとし、

ルーニーをセントラルハーフで起用する変則的な布陣で

試合に臨んだ。


すると8分、そのルーニーが起点となって先制に成功する。

中盤でボールをカットしたルーニーが右に展開すると、

ベルバトフを経由してから、攻め上がったP・ジョーンズが

クロス。

ニアサイドでオーウェンが絡み、中央に流れたボールを、

飛び込んだバレンシアが押し込んだ。

11分にオーウェンが負傷で交代を余儀なくされ、

エルナンデスを投入したユナイテッドは、先制こそした

ものの、オツェルルのハードワークに苦しむ。

ボールはキープするが、なかなかチャンスをつくれない。

逆に42分、バックパスがミスとなり、ネアグにシュートまで

持ち込まれる。

だが、DFに当たってコースが変わったボールに、

GKデ・ヘアが素早く反応し、ここは事なきを得た。

追加点が欲しいユナイテッドは、後半の立ち上がりに

チャンスをつかむ。

48分、攻め上がったP・ジョーンズから、エルナンデスを

経由して、ベルバトフが角度のないところからシュートを

放つが、これはGKグラホバツに防がれた。

徐々にスペースが生まれたこともあり、時折シュートまで

持ち込むユナイテッドだが、リードを広げるには至らない。

58分には、ベルバトフとのワンツーからアンデルソンが

グラホバツの横をすり抜けるシュートを打つが、ぎりぎりの

ところでDFにクリアされる。

75分にも、オツェルルのバックパスをカットしたベルバトフ

が決定機を迎えたが、シュートは枠をとらえなかった。

だが87分、諦めずに健闘を続けたオツェルルの望みを

砕いたのは、ルーニーだった。

途中出場のパクが、ドリブルでDFを引きつけてから中央

にパスすると、ルーニーのミドルシュートはDFに当たって

グラホバツの逆を突き、ネットを揺らした。


グループCのもう1試合、ベンフィカ対バーゼルの一戦は、

1-1のドローに終わった。


ベンフィカは4分、ロドリゴのボレーで先制したものの、

64分にフッゲルの同点弾を許し、ホームでの初白星は

お預けとなっている。


この結果、グループCは勝ち点8でユナイテッドとベンフィカ

がトップを争い、同5のバーゼルがこれを追う展開。

4戦全敗のオツェルルは、グループリーグ敗退が決まっている。

( Goal.com )

テーマ : UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル : スポーツ

2011-11-03 : UEFA チャンピオンズリーグ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

シュバインシュタイガー、鎖骨骨折で最大6週間離脱

バイエルン・ミュンヘンは2日、クラブの公式ウェブサイト

上で、MFバスティアン・シュバインシュタイガーが鎖骨を

骨折し、戦列を最大で6週間離脱すると発表した。

シュバインシュタイガーは同日に行われたチャンピオンズ

リーグ(CL)・グループリーグ第4節のナポリ戦で負傷し、

途中交代している。


シュバインシュタイガーはナポリ戦の後半、MFギョクハン・

インレルと衝突して負傷。

担架で運ばれ、MFアナトリー・ティモシュクとの交代を

余儀なくされた。

試合は3-2でバイエルンが勝利したが、シュバインシュ

タイガーは検査の結果、鎖骨骨折で4週間から6週間の

離脱になることが判明している。


シュバインシュタイガーは今月の代表戦やビジャレアル

とのCLグループリーグ第5節に加え、ブンデスリーガ

でも19日に予定されている昨季王者ボルシア・

ドルトムントとの一戦などを欠場することになる。

( Goal.com )

テーマ : UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル : スポーツ

2011-11-03 : UEFA チャンピオンズリーグ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

インテルが決勝T進出に王手

2日に行われたチャンピオンズリーグ・グループB

第4節、インテル対リールの一戦は、2-1でホームの

インテルが勝利を収めた。


長友佑都やマイコンなどを負傷で欠くインテルは、

普段は中盤に入るサネッティを右サイドバックで起用し、

左サイドバックにはキヴを置いた。CBには戻ってきた

ばかりのサムエルが入り、ルシオとコンビを組む。

すると開始早々、インテルはサイドバック起用となった

キヴがチャンスを演出。

自陣から前線へロングボールを送ると、ミリートが抜け

出してGKと1対1になった。

ミリートのシュートはクロスバーに嫌われたものの、

インテルが好スタートを切る。

18分には、敵陣中央付近からのFKで素早くリスタート

すると、サラテがペナルティーエリア右から強烈なシュート

を放つ。

このシュートはGKに阻まれたが、これで得たCKが先制点

につながった。

スナイデルのCKにサムエルがヘディングで合わせ、

インテルがホームで1点をリードする。

しかし、その後はリールに主導権を握られる形となり、

インテルは自陣に張りつく時間が増えた。

それでも、厳しい時間で相手に多くの決定機を与え

なかったインテルは、前半の終盤に多少持ち直して、

ハーフタイムを迎えた。

後半最初の決定機を手にしたのは、またしてもインテル。

48分、左サイド浅めの位置からのFKをスナイデルが

蹴ると、リールはオフサイドトラップを失敗する。

インテルはゴール前にフリーの選手が3人残る決定機と

なるが、2列目から飛び出したスタンコビッチの折り返しを

ミリートがシュートミス。

ボールはバーの上に消えた。

その5分後、ミリートに名誉挽回のチャンスが到来する。

ハーフウェーライン付近からドリブルで独走したミリートは、

相手DFと3対1の状況となるが、シュートを選択。

ペナルティーエリア左から放ったシュートは威力を欠き、

GKの手に収まった。

好機をつくりながら追加点を奪えない嫌な流れのインテル

だが、65分、ミリートが3度目の正直でゴールを奪った。

右サイドからドリブルを仕掛けたサネッティがエリア内に

侵入すると、中央でミリートが合わせて、

ついに2-0とした。

これで落ち着いた様子のインテルだったが、83分に

リールの反撃を許す。

ルシオのミスで途中出場のデ・メロがペナルティーエリア

内でフリーとなってしまい、これを決められて1点差となった。

息を吹き返したリールは残り時間で同点弾を目指したが、

インテルが残り時間をしのいで逃げ切った。


グループBのもう1試合、トラブゾンスポル対CSKA

モスクワの一戦は、スコアレスドローに終わっている。

この結果、グループBは3連勝のインテルが勝ち点9で

首位をキープ。

同5でCSKAモスクワとトラブゾンスポルが2位を

争っている。

リールは勝ち点2で最下位と苦しくなった。

( Goal.com )

テーマ : UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル : スポーツ

2011-11-03 : UEFA チャンピオンズリーグ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

無失点記録更新にV・バルデス

バルセロナGKビクトル・バルデスは、1日に行われた

チャンピオンズリーグ(CL)グループH第4節のビクトリア・

プルゼニ戦で、クラブ史上最高となる無失点記録を

樹立した。

スペイン『アス』が、同選手の喜びのコメントを伝えている。


V・バルデスは、1972-73シーズンに元バルセロナGK

ミゲル・レイナが達成した824分の無失点記録を破り、

CLプルゼニ戦を無失点で終え、877分で同記録を

更新し続けている。

( Goal.com )

テーマ : UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル : スポーツ

2011-11-03 : UEFA チャンピオンズリーグ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

あれっしゃんどれ ・ ぱとち

Author:あれっしゃんどれ ・ ぱとち
サッカーが好き! ACミランが
大好き!! な、ぱとちです(^0^)
写真は、愛犬の「ぱと」です!
名前は、ミランのFWアレッ
シャンドレ・パトからいただき
ました。
犬用ミランユニフォーム着せて
います!
ブログがんばります! よろしく
お願いします(^-^)

ACミラン 2011-2012 ユニフォーム

僕が応援しているクラブの   ユニフォームです(^0^)/

FIFA クラブワールド  カップ セブンカラーズ  ニットマフラー 2011

今年は日本開催なので大いに盛り上がりそうですね!(^0^)

オークション ユニフォーム

月別アーカイブ

検索フォーム

BSでミランの試合を   観よう!(^0^)

アクセスカウンター

               ありがとうございます(^^)

ブログランキング

ランキングに参加しています にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへ
応援お願いします(^^) 人気ブログランキングへ

ブロとも(サッカー)

ブロとも募集中です(^^)

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。